札幌の都市型急性期病院 国家公務員共済組合連合会 「斗南病院」

所在地
〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西7丁目3-8
アクセス
札幌駅から徒歩5分  地下鉄大通駅から徒歩10分
病院機能認定評価が追加されました

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら TEL 011-231-2121

診療案内

最先端の医療

単孔式手術(外科、婦人科)

手術の傷がほとんど目立たない手術。

まずは、写真をごらんください。
これは、胆のうを摘出した「術後の」患者さんのおなかの写真です。

さて手術創がどこにあるかわかりますか?実はお臍にかくれていて、創はほとんど目立ちません。
この患者さんの受けられた手術は、お臍を利用して切開し、そこに内視鏡や手術鉗子を挿入しモニターを見ながら手術を行う「臍部単一孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術」と呼ばれるものです。

創が小さいといわれている従来の腹腔鏡下手術とくらべても、創は全くないに等しいといえます。

では創が小さいと何が良いのでしょうか? もちろん美容的に優れているだけではありません。
創が小さいということは、手術時の体にかかる負担も小さくなり、術後の痛みも激減します。

そのため術後、より早期の社会復帰が可能になるのです。さて、現在広く行われるようになってきた単孔式手術ですが、日本でどこが最初に行ったかご存知ですか?

そうです、2008年12月に当院外科で本邦初となる「臍部単一孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術」が行われました。手術は全身麻酔で約1~2時間で終了しました。

手術翌日には、自由に歩いたり食事もとり、合併症もなく無事に退院されました。当時、テレビ局の取材もあり(写真)道内のみならず全国放映され、その関心の高さがうかがわれました。

現在当院では外科だけでなく、婦人・生殖内分泌科でも単孔式手術を導入しており、多くの女性患者さんからも大変よろこばれています。もちろん、安全に行うことを第一に考えていることはいうまでもありません。当院には外科、婦人・生殖内分泌科あわせて5名の日本内視鏡外科学会技術認定取得者がおり、安心して手術を

※お問い合わせは、外科、婦人・生殖内分泌科外来でお受けします。

日本内視鏡外科学会技術認定取得者リスト
消化器・一般外科領域

奥芝俊一
北城秀司
川原田陽
鈴木善法(外科)

産婦人科領域

逸見博文(婦人・生殖内分泌科)

RECRUIT TONAN

斗南病院

お一人でお悩みではありませんか? お悩み・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら TEL 011-231-2121

所在地
〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西7丁目3-8
アクセス
札幌駅から徒歩5分  地下鉄大通駅から徒歩10分
Copyright (C) TONAN HOSPITAL All Rights Reserved.